ギフサ2018年度納会

  • 2018年12月7日
  • 2019年1月8日
  • 活動報告
  • 185view
  • 0件

カタログギフト発行事業者認定制度が発足

ギフサセミナー会場

(一社)日本ギフトサプライヤー協会(ギフサ)の2018年度納会は12月7日、グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール(東京都港区)で開催され、セミナー・懇親会を含め140人が参加した。

まず第7回政策委員会では継続議題と次年度スケジュールを確認、理事会ではカタログギフト発行事業者認定制度の立ち上げ、高騰する運賃や働き方改革についての情報交換を行った。また賛助会員数拡大に伴い、新たな陣容に改編されたギフサ協力メーカーの新幹事を迎え、発会式が執り行われた。

理事会(社長会)では新幹事会の発会式が行われた

午後1時からの商談会、第3回ビジネスマッチングは問屋12社とメーカー24社が熱心な商談を繰り広げた。続いての第5回ギフサセミナーは、消費者庁と東京国税局から講師を招聘、「理美容雑貨の景品表示法違反事例」「食品表示基準に基く栄養成分の表示」、本年10月1日施行の「よく分かる消費税軽減税率制度」の3講座を各30分で実施、新制度の要点や注意点など事例を交えながら解説された。

ビジネスマッチング会場

 夕刻からの懇親会では冒頭に東海林秀典会長が、ギフサの活動と取り組みを述べ、来賓紹介に続き、協力メーカー新幹事会14社が紹介された。新幹事会を代表して野水重明代表幹事(ツインバード工業社長)が挨拶。高田秀寿副会長の乾杯音頭、懇親会をはじめた。

宴半ばでは来賓の環境省地球環境局地球温暖化対策課の加藤聖事業企画官が、「宅配便の再配達について、できる限り1回で受け取りましょうというキャンペーンの参加企業を募っています」と企業単位の登録を呼びかけ、三谷欣司会計の一本締めで宴を終えた。

忘年会会場
協力メーカー幹事会紹介のあと野水重明代表幹事(ツインバード工業社長)があいさつ(中央)

協力メーカーカー(新)幹事会の陣容

役名社名氏名肩書
代表幹事ツインバード工業㈱野水 重明代表取締役社長
上野 次朗営業本部 ギフト通販部 部長
副代表幹事杉本産商㈱杉本 憲一代表取締役社長
副代表幹事味の素AGF㈱長田 安里東京支社 次長
副代表幹事エース㈱四井 伸彦第四事業部一部 部長
副代表幹事パール金属㈱高波 佑樹常務取締役
幹事貝印㈱アキラ シュレーダー国内営業本部 東京本店 第三営業部 部長
幹事㈱タマハシ小湊 正清常務取締役
幹事和平フレイズ㈱米津 隆太第三営業部 部長
幹事オムロンヘルスケア㈱寺井 陽特販課 特販チャネル統括リーダー
幹事日清オイリオグループ㈱平岡 伸介大阪支店 営業第5課 課長
幹事西川産業㈱石毛 正雄取締役 常務執行役員 営業統括
幹事鳴海製陶㈱十川 弘実国内営業部 特販営業課 課長
幹事セイコークロック㈱山本 雅文国内マーケティング本部 第三営業部長
幹事アデッソ㈱長谷川 大悟東京営業部 経営企画室 室長

3本セミナーを開催、直面する軽減税率に備える

ギフサセミナーは佐藤聖セミナー委員長(ハーモニック)の「ギフト業界の品質管理面の底上げを目的に、セミナー制度を発足しました。5回目を迎え、大変関心が高まるテーマを用意しました」とのあいさつで開始。参加者は熱心にメモと取りながら聞き入った。

  • 第一部「景品表示法違反事例について」消費者庁表示対策課 規約第三係長 佐々木雅也 氏
  • 第二部「食品表示基準に基づく栄養成分の表示について」消費者庁食品表示課 食品表示調査官 保坂弘子氏
  • 第三部「よくわかる消費税軽減税率制度」東京国税局 課税第二部消費税課 軽減税率制度係 国税実査間 原真紀子氏
会員企業の企画部門からの参加が多かったセミナー